金沢大学理工学域数物科学類物理学コース

English

    
Entrance

金沢大学 理工学域 数物科学類 物理学コース

学内プロジェクト

教育プログラム

  • 宇宙物理学研究室

  • プラズマ物理学研究室

  • -
  • 低温物理学研究室

  • 生物物理学研究室

  • ナノ物理学

  • 非線形物理学

ニュース
  • 2022年1月28日(金)
    【ナノ物理学分野 教員公募(女性限定)のお知らせ】
    ・公募人員: テニュアトラック助教(女性)1名
    ・所属: 金沢大学理工研究域数物科学系
    ・専門分野: ナノ物理学(実験)
    ・着任時期: 2022年8月1日以降のできるだけ早い時期
    ・応募締切: 2022年3月31日(木) 必着
    詳しくは(こちらから

  • 2022年1月11日(火)
    NHKサイエンスゼロに当コースの生物物理研究室で開発された高速原子間力顕微鏡(高速AFM)の特集が放送されます。高速AFMの原理や誕生秘話、生命科学への最新の応用研究が紹介されます。柴田幹大教授が出演予定です。是非ご覧ください。
    番組名:NHKサイエンスゼロ
    表題:「ナノの動きを活写!生命を見つめる新・顕微鏡」
    放送日:1月16日(日)23:30~24:00 (予定)
    再放送:1月22日(土)11:00~11:30 (予定)
    予告はこちら

  • 2021年12月22日(水)
    金沢大学主催 量子計測・計算科学・データ科学による物性科学に関するオンライン国際シンポジウムのご案内
    日時:2022年1月7日(金) 午後1時から
    場所:ZOOMオンライン
    (詳しくはここをクリック)
    申し込みは以下から
    https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfaiBYrnFDgYmqvMtdMNC53jzlvCqnDquM_8U-P-PKfmGaYMA/viewform
    実行委員 小田、吉田、小幡

  • 2021年12月22日(水)
    物理学コースの恒例行事、ニュートン祭が開催されます。
    日時:2021年12月23日(木) 午後5時から
    場所:自然科学5号館 大講義室

  • 2021年11月27日(土)

    博士前期課程2年生の松原猛さんが日本生物物理学会学生発表賞を受賞しました。おめでとうございます!(詳しくはここをクリック)

  • 2021年8月17日(火)
    サイエンス・ラボのウェブページへのリンクを更新しました。
    https://sciencelab.w3.kanazawa-u.ac.jp

  • 2021年8月7日(土)
    「理学の広場~夏休み高校生のための理学体験セミナー~」をオンライン形式で開催しました。 (詳しくはここをクリック)

  • 2021年6月5日(土)
    5月24日に行われた大学院ガイダンスの動画をアップしました。当日参加できなかった方は、是非ご覧になって大学院進学の参考にしてください。
    http://ltphys.w3.kanazawa-u.ac.jp/gs-guidance/

  • 2021年5月24日(月)
    物理コースでは、5月24日(月)午後6時からオンラインで大学院進学ガイダンスを行います。
    物理学教室で行われている研究を簡単に紹介した後、参加者と各研究室の教員や大学院生との交流が予定されています。
    参加希望の方は以下のホームページから参加申し込みを行ってください。
    http://ltphys.w3.kanazawa-u.ac.jp/gs-guidance/
    多数のご参加をお待ちしております。

  • 2021年5月19日(水)
    国立研究開発法人物質・材料研究機構 (NIMS)と金沢大学超低温物理学研究室の松本宏一教授のグループを中心とした複数の大学、企業が参加する国立研究開発法人科学技術振興機構(NEDO)のプロジェクトで開発された水素液化磁気冷凍機が5月16日に放送されたNHKのサイエンスゼロで紹介されました。脱酸素社会の切り札として水素エネルギーの利用が番組のテーマとなっており、その水素を液体として効率的に貯蔵・輸送するために不可欠な最先端液化技術として紹介されています。再放送が5月22日(土)11:00〜11:30に予定されていますので、是非御覧ください。
    番組名:NHKサイエンスゼロ
    表題:「脱炭素社会の切り札!水素エネルギー最前線」
    再放送は22日(土) 11:00~11:30 (予定)

  • 2021年5月13日(木)
    物理学コースの公式Twitterと公式Facebookを始めました。

  • 2021年4月6日(火)

    新井豊子教授が令和3年度文部科学大臣表彰<科学技術賞 研究部門>を受賞しました。おめでとうございます!(詳しくはここをクリック)

  • 2021年2月16日(火)
    令和2年度 物理学コース卒業研究発表会が行われました。

  • 2021年2月15日(月)
    令和2年度 修士論文審査会が行われました。

  • 過去のニュース

 
研究成果
  • 2021年5月31日(月) 
    新井豊子教授らの研究グループは、北陸先端科学技術大学院大学らとの共同研究により、物質を構成する個々の原子の並びを観察しながら、その結合強度を計測できる顕微メカニクス計測法を開発しました。(詳しくはここをクリック)

  • 2021年2月25日(木) 
    柴田幹大准教授らの研究グループは、東京大学定量生命科学研究所クロマチン構造機能研究分野の胡桃坂仁志教授および京都大学複合原子力科学研究所の杉山正明教授らとの共同研究により、精子形成に重要なヒストンタンパク質H2A.Bが、DNA折りたたみの基盤構造であるヌクレオソームをダイナミックに構造変換する様子を世界で初めて解明しました。 (詳しくはここをクリック)

  • 2020年12月23日(水) 
    古寺哲幸教授らの研究グループは、金沢大学ナノ生命科学研究所の安藤敏夫特任教授らとの共同研究により、高速AFMイメージングにより、天然変性タンパク質の動的構造を高い精度で解析することに成功しました。 (詳しくはここをクリック)

  • 2020年12月18日(金) 
    古寺哲幸教授らの研究グループは、金沢大学ナノ生命科学研究所の今井大達日本学術振興会特別研究員、新潟大学理学部内海利男名誉教授らと共同研究により、タンパク質合成装置リボソームの構成成分の一つである触手タンパク質複合体「ストーク」の動きとはたらきの一端を可視化することに世界で初めて成功しました。 (詳しくはここをクリック)

  • 2020年11月4日(水) 
    青木真由美准教授らの研究グループは、ニュートリノの微小質量に寄与する荷電レプトン数非保存相互作用が加速器実験で測定可能であることを明らかにしました。 (詳しくはここをクリック)

  • 過去の研究成果
 
ページのトップ